メンタル日記

menheal.exblog.jp
ブログトップ

腹部超音波検査

会社の定期健康診断で要精検(精密検査が必要)となった。
早速、総合病院に予約を入れ、1月18日(水)が精密検査第一弾の日となった。

精密検査が必要となったのは、
一つはγ-GTPの数値の高さ。
そりゃあ毎日酒を飲んでりゃアルコール性肝機能障害になるわ。
もう一つが血便。痔があるので、その影響だと思うけど。
しかし。3年前にも血便で大腸内視鏡検査を受けた結果から安心はしていられない。
このときの状況が、このブログ。
そのときの結果が、このブログ。
グループ3のポリープが1つあったことや、当時3年後の検査を言われていたことで、
今回、大腸内視鏡検査を受診することにした。

昨日は、腹部超音波検査(エコー検査)を受けた。
胆嚢付近の痛みが以前からあったけど、それは言わずに検査結果の説明を聞いた。
医師「定期健康診断のときよりもγ-GTPの数値や中性脂肪の数値が上昇していますが、
   何か、その原因に思い当たるとこはありますか?」
俺 「健康診断以降、ほぼ毎日酒を飲んでいるので、それが原因だと思います。」
医師「この検査結果から、肝臓に脂肪がかなりついていると思われます。
   脂肪肝ですね。以前は脂肪肝は放置していてもよいという考えだったんですが、
   脂肪肝を放置していると線維化が進んで、肝硬変になり肝臓ガンになると言われています。」
俺 「酒をやめたら良いんですよね。」
ということで、医師とのやりとりはこれだけになった。
次回の大腸内視鏡検査の予約を取って、この日の診断は終わった。

「酒をやめれば良い」と言うのは簡単だが、実行は難しい。
当ブログで、何度アルコールを減らそうとしたか、そのたびに失敗したか。
このままでは、肝臓に重篤な疾患を抱えることになる。
「脱アルコール」これが一番の課題だ。

[PR]
by vn1 | 2017-01-19 19:16 | 健康 | Comments(0)