メンタル日記

menheal.exblog.jp
ブログトップ

神のみぞ知る2

腎不全と転移性の肝臓ガン及び肺ガン、そして骨髄線維症。
これだけの病気を抱えてがんばっている親族。
しかし、造血が出来なくなっており、輸血が頼りとなっている。
食事も徐々に減ってきており、栄養剤を点滴しなければいけない状況となった。

このため、透析に通っていたクリニックから入院を勧められ、
家からは遠いけど、入院して透析が行えるクリニックに入院することにした。

しかし、人工透析を行っていたクリニックが輸血をしなかったため、
29日の夜に呼吸が苦しくなり救急車を呼んだものの、
お世話になっていた総合病院からは受け入れを拒否され、大学病院に搬送された。
診察を行った大学病院の医師から総合病院の医師に患者を受け入れるよう電話をして、
その後、大学病院の医師のメモを持った大学病院の研修医が伴って総合病院に搬送され、輸血を行った。
輸血を行った事で呼吸も普通になったが、食事が取れない。
このままでは栄養不足により衰弱死するのではないか。

いずれにしても、人工透析と輸血、栄養剤の点滴によって生きるしか無い。
慢性期治療ということで、地域の病院でこれを維持するしかないのかも。
親族のQOLを保ちながら最期を迎えることになるんだろう。

あとは神のみぞ知る、だな。
[PR]
by vn1 | 2016-04-30 14:40 | Comments(0)