メンタル日記

menheal.exblog.jp
ブログトップ

官製相場が選挙に向けてどう動くのか

最近、右目の調子が変だ。
中心暗点と小視症が出ているようで、ちょっと悪化しているようだ。
2月から休肝日もなく飲み続けているのが原因なのか、
人事異動がなかったので、イヤな職場にもう1年残留が決まったことが原因なのか、
原因はよくわからないけど、悪化している。
このままでは、またまた眼球注射をしなけりゃいけない。
気をつけよう。
といっても、気をつけて治る病気ではないけどね、中心性漿液性網脈絡膜症。

さて、先々週から先週にかけて購入した株。
メガバンク株は買い増しして、購入額が125,816円、現在の評価額は121,100円なので4,716円の評価損
商社株に至っては、三井物産と三菱商事がそれぞれ開業以来初の赤字ということで散々。
279,368円で買った株は、現在の評価額が268,800円で10,568円の評価損
94,108円で購入した商社株は同額のままなので、
全部合わせると15,284円の評価損となった。
購入額は合計で499,292円なので、3.06%のマイナスだ。
ちなみに、購入時の日経平均の平均が16,827円、昨日の日経平均は17,002円
日経平均の動きとそれぞれの業種、企業の動きは必ずしも連動しないからアレだけど。

こんな超小口株主でも株価の上昇を期待してしまう。
株を大量に保有している資産家にとっては、日銀の金融緩和は利益の源泉。
アベノミクスとは資産家優遇政策だと感じちゃうね、
一般の庶民にとっては全然意味が無い、むしろ将来負担を増す政策だと思うけど、
アベノミクスに賛成しちゃう庶民って、自虐好きな人達かなと思ってしまう。

さて、この官製相場が選挙に向けてどう動くのか注視していこう。
[PR]
by vn1 | 2016-03-26 10:29 | Comments(0)