メンタル日記

menheal.exblog.jp
ブログトップ

左右両眼が中心性漿液性網脈絡膜症かよ

今日は眼科に行った。
眼圧検査では左が19.3で右が19.5だった。
視力検査で左目も右目も1.5と言われた。
しかし、なんとなく見える、そんな感じっていうだけで
はっきり見えてるわけでは無い。たまたま当たっただけかもしれない。
でも、今までくっきりと見えた左目もぼやけて見えた。

それからOCT検査をした。(東京逓信病院のサイト)
検査画像を見てたけど右目はそんなに悪くなってなかった。

診察室で呼ばれるのを待ってると、
「左目も悪化してるので、瞳孔を開くための点眼をします。」とのこと。
はっと思って、左目をつむってみると(つぶってみると)、中心よりちょっと下に暗点が。
右目だけが悪いと思ってたのに、左目まで症状がでたのか。

それから診察室に呼ばれた。
医師「OCT検査の結果を見ると左目も液体が漏出してますね。
   漏出してる部位は中心から外れてるのでレーザー治療が可能です。
   右目と同じ病気だと思います。」
俺 「左目を閉じると暗点が見えるんですよ。」
医師「右目は前と同じような程度ですけど、左からも漏出しているようなので、
   造影検査をしてみましょう。」
左右両眼が中心性漿液性網脈絡膜症かよ。
(日本眼科学会のサイト)
(目と健康シリーズ)

ということで、久しぶりに蛍光眼底造影検査を行った。
まずは点滴をする。これは生理食塩水ではないかと思う。
その点滴チューブの途中に、赤色をした色素が入った注射器をセット。

検査室で看護師に、両目が悪化する人もいるんですか?と聞くと、
片目の人もいますけど、両目が悪化する人もいますよ、とのこと。
それから、点滴のチューブに空気が入ってても大丈夫なのか聞くと、
空気は肺に吸収されて排出されるので大丈夫ですよ、とのこと。

医師から、糖尿病でないことと高血圧でないことを確認されて、
撮影準備完了と同時に、看護師が注射器を押す。
体に色素が入ってくのが分かる。と同時に撮影開始。
左目の写真、右目の写真と交互に撮影して、全部で40枚くらいとったのではないかな。
看護師がまぶたをあけるように指を添える。
眩しいからどうしても目をつぶってしまう。
撮影終了後は、周囲が赤く見えた。

看護師に、周囲が真っ赤に見えるけど、みんなそうなんですか?って聞いたら
みんなそうですよ、でもすぐに元に戻ります、ってことだった。
話の通り1分もしないうちに視界の色が元に戻った。

再度の診察。
医師「左目から漏れてますね。2カ所白い部分があるけど、これは過去の痕跡かもしれません。
    一等星のように白く輝いている部分から漏れてますね。
    中心から離れているのでレーザー治療をすれば漏れは治まります。
    右目は、広範囲に白い部分があるけど、これは上部から漏れたのが下に広がった痕跡だろう。
    かなり前から漏れていたので、こういう写真になったんですよ。」
俺 「左目の漏出点は本当にはっきりしていますね。」
医師「レーザー治療しますか?2~3ヶ月で自然に治る場合もありますけど。」
俺 「少し様子を見て、悪化していればレーザー手術をお願いします。」
医師「それでは2週間後に来てください。そのときに良くなっていなかったらレーザー手術をします。」
俺 「わかりました。」
ということで、次回の診察結果次第でレーザー手術をすることになった。
ちょうど3年前、レーザー光凝固術をしてたんだよな。3年前のブログ

と、2週間後の予定を見ると、しまった、再来週の土曜日は県外で用事がある。
ということで、3週間後の診察に変更してもらった。
レーザー手術をすると33600円の自己負担だ。
自然に治ればいいんだけどなあ。

3月4日は飲みに行ったので700mlくらいかな
5日は400ml、6日は300ml、7日は360ml
飲み過ぎのせいで、顔が赤くなってきた、いわゆる酒焼けだ
[PR]
by vn1 | 2014-03-08 13:33 | Comments(0)